プロジェクターの修理はお任せを!

幻想的でダイナミックな感動映像を映し出すプロジェクションマッピング
日本では”プロジェクションマッピング”という呼称が一般的ですが、非常に”プロジェクトマッピング”とよく間違わられます。
欧米ではビデオマッピング、マッピングプロジェクション、3Dプロジェクションマッピング、3Dマッピングなどと呼ばれており統一されていません。

投影される対象は建築物だけでなく、靴、テーブルや椅子、額縁、広場、街そのもの、霧、空、湖など地球上のほぼ全てのものが実質的に投影が可能です。
投影する機器は”プロジェクター”ですが、大型の業務用から小型のものがあり投影方式もいろんなタイプがあります。

プロジェクターの価格は決して安くはありません、業務用となるとかなり高額なものまであります。

高額なプロジェクターが壊れて困っているなど、最近はプロジェクターのアフターや修理などについてのご相談をよくいただきます。

せっかく大手メーカー出身の熟練のプロ・エンジニアが対応できますので、告知すべく新たなホームページを立ち上げました。

概算の費用なども記載しておりますので、明朗会計でご安心いただけます!

詳しくは↓↓↓クリック

プロジェクターでお困りの方必見!



次の記事

コロナ後を見据えて