業務用プロジェクターでこんなお悩みございませんか?

■プロジェクターにメンテナンスエラー表示が出ている。どこか対応してくれるところはないか。
■毎日上映している施設で取外しが出来ない。現場で対応して欲しい。
■買換えを検討しているが、どの機種、どんな機材を選べば良いか分からないので相談したい。

■近々に使う予定だが電源が入らない、映像が映らない等のトラブルが発生している。至急代替機が欲しい。
■しばらく使っていなかったので点検、オーバーホールしたい。
■プロジェクターを購入したが、設置や取付けの専門家のアドバイスが欲しい。

■緊急に必要なため、修理もしくは代替機が欲しい。

■定期的にメンテナンスに来て欲しい。
■保証期間切れでメーカーが修理対応しないモデルがある。
■持込み、送付、引取り、出張修理対応。

この様な症状やトラブルその他プロジェクターに関することなら何でもお申しつけください。
※但し業務用に限ります。また、一部メーカー、機種によっては対応できないことがございます。


熟練のプロが対応

大型から小型のプロジェクターまで、大手メーカー出身の熟練のプロフェッショナルがメンテンナンス、点検、修理の対応させていただきます。

幅100m × 高さ12mの超大型プロジェクションマッピング(ハウステンボス)に携わった大手メーカー出身の熟練のプロが対応させていただきます。設置からメンテナンスまで、是非お気軽にご相談ください。

概算費用(下記金額は税別)
サービスエリア:
 福岡県福岡市中心部より50Km以内(圏内)
 交通費:3,000円
 調査費:8,000円
 実 費:修理費、圏外への交通費、宿泊費、駐車場代、代替器レンタル費用など。

メンテナンス、点検の重要性

プロジェクターは精密機械です。定期的なメンテナンスや点検で安全に安心して使用できます。

冷却ファンの空気の循環のチリ、ホコリによるトラブル 
プロジェクターには強烈な光源や熱源があるため内部が非常に高温になります。そのため冷却ファンを使って排熱しますが、その空気の流れによりプロジェクター内に大量のチリやホコリを吸込んでしまいます。これを放置しておくと付着したチリやホコリで電子機器が壊れたり、最悪ホコリに引火して重大な事故に繋がる恐れがあります。

エアフィルターの汚れによるトラブル
プロジェクター本体にはエアフィルターが使われています。ここにホコリが付着したままでは冷却がうまく出来ません。 定期的にフィルターを外し、掃除機などを使って清掃を行いましょう。目詰まりしたままだと重大な故障の原因になり高額な修理費用が発生します。

レンズの汚れによるトラブル
プロジェクターを使用していると、レンズ面にホコリや汚れがついてきます。レンズクリーナーなどで丁寧にふきとりましょう。 放っておくと、こびり付いて輝度低下に繋がります。

これらはプロジェクターの故障や破損、上映中止といった重大なトラブルの原因となります。そうなる前にプロジェクターの定期的なメンテナンスや点検を強くお薦めします。

プロジェクターのエラー、トラブル例   ※メーカーリコールは含まれていません

●異常温度上昇によるエラー表示、強制シャットダウン、プロジェクター筐体の変形
原因/プロジェクターの排気熱、空調の温風等の環境温度による影響。
例1) 複数のプロジェクターを並べて設置していてプロジェクターの排気熱が別のプロジェクターに当たっている。
例2) プロジェクターの排熱口から壁までの距離が不十分で、その排気熱の吹き戻しがある。
例3) 空調の吹出し口に近い位置に設置しているため、暖気がプロジェクターに当たっている。
※内部温度が下がれば起動することもあるが、根本的な解決策が必要。

●映像の汚れ、フォーカス合わせ等の映像調整ができない。
原因/チリ、ホコリや煙草の付着による影響。レンズやモーター等の可動部分に付着して動きを妨げている、または故障。

●映像が投影されない。
PC やSTB( 映像プレーヤー等) と接続しているが、映像が投影されない。
原因/映像接続ケーブルの不具合や設定の不備。入力ソースの設定の間違い。

●映像がスクリーンに合わない。
映像が歪んだり、フォーカスが合わない、位置がずれる。
原因/プロジェクターの設置位置による影響。
   基本のスクリーンのセンターとプロジェクターレンズのセンターが大きくずれて設置している。

●起動しない、動作が安定しない。
原因/電源からプロジェクターまでの距離が長く、電圧降下している。
原因/分電盤の容量不足。
原因/電源部の故障。

●ランプのエラー表示が出て起動しない。
原因/ランプ寿命、破損。
※ランプを交換しない限りプロジェクターは使えない。

●熱による故障、火災事故。
発熱、損傷、焼失により使用不可能になったり、火災事故を起こす。
原因/ホコリ、ゴミ等が排熱口を塞いでしまい内部が異常な温度上昇している。
原因/電源コードがきちんと差し込まれていないため接触抵抗が発生して発熱。

この様な重大なトラブルが起こる前にプロジェクターの定期的なメンテナンスや点検を強くお薦めします。


必要に応じて下記書類をダウンロード(保存)していただき、ご記入の上、メールもしくはFAX(093-873-8545)送信してください。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

事前調査票
修理依頼書
代替器レンタル申込書

業務用プロジェクターの修理やメンテナンスなどご用命の際は下記まで、お気軽にメールにてお問い合わせください。


お気軽にお問い合わせください。093-873-8555受付時間 10:00 - 19:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。